2019.06.26

美容鍼灸師が教える!美容と健康のために水を飲むと良い4つのメリット

美容鍼灸師が教える!美容と健康のために水を飲むと良い4つのメリット

人間は一日あたり約3ℓの水分を摂取することが必要だと言われています。しかし、普段、日常生活で3ℓもの水分を摂取すると言う人は、あまりいないと思います。人間の身体は、成人でおおよそ身体全体の60%が水分で占めています。なぜ、喉が渇いているわけではないのに、そんなにたくさんの水分を摂取しなければならないのでしょうか。「水を飲むとお手洗いが近くなるから飲みたくない。」「そんなに水を飲んだらむくむのではないの?」と言うイメージはありませんか?
今回は、美容と健康のために水を飲むと良い4つのメリットを美容を専門とする美容鍼灸師がご紹介していきたいと思います。

なぜそんなに大量の水分が身体に必要なのか

一般的に、人が一日に摂取する水分量を考えると、一体どのくらいの水分を摂取できているのでしょうか。多くの人が、食事に含まれる水分を除くと、500㎖ほどだと思います。前述にあるように、一日当たりの理想水分摂取量は3ℓです。残りの2.5ℓを飲もうと思うと、数字を聞いただけで断念してしまいそうですが、なぜ、そんなにも大量の水分が身体に必要なのでしょうか。私たちが、日々健康でいるために、体内の水分が担っている役割はたくさんあります。『身体の中の不要な老廃物を運び去る』『ホルモンを運び、効果を発揮させる』『細胞を正常に働かせる』『体内に必要な物質を運搬する』など、他にもまだまだあります。私たちが想像する以上に、身体の中の水分は、健康を維持するために必要なのです。『水を飲む』ことは身体にとってメリットしかありません。水分不足で身体の中の体液が減少すると、全身の細胞を痛めつけて疾患のリスクを上げてしまうのです。日常生活を快適に、そして健康に過ごすために水分補給は欠かせないものなのです。

美容と健康のために水分を摂取すると良いメリット

乾燥知らずのプルプル肌に!

水分を摂取すると、その水分は、身体の中の臓器を正常に機能させるために、優先的に臓器へと行きわたります。心臓や肝臓、すい臓や胃や腸など、様々な臓器に行きわたり、その後、残った水分が皮膚へと行き渡ります。皮膚は表皮と真皮からなり、表皮の一番外側を角質が覆っています。角質は紫外線やウィルスなど外からの外敵から肌を守る役割をしています。角質は新しい角質が作られると古い角質は剥がれ落ちるのですが、その際、お肌の水分も外に出てしまいます。これが乾燥肌の原因です。身体の中に水分が十分に足りていないと、お肌は乾燥し、紫外線を吸収しやすい肌になり、これらが、シミ・そばかす、シワの原因になります。水分をしっかりと摂取し、みずみずしいプルプル肌を手に入れましょう。

むくみ知らずのスッキリ綺麗な身体に!

水分をたくさん摂取すると、お手洗いに行きたくなるからと、控える人がいます。確かに水分を摂取するとお手洗いが近くなり、日常生活に支障をきたすことはあります。しかし、だからといって水分を摂取しないでいると、身体の代謝が悪くなり、むくみを招きやすくします。体内の血液もドロドロになり巡りが悪くなるので、疲労を感じやすくなります。また、水分不足は肥満の原因にもなります。なぜ、水分を摂取していないのに肥満になるのでしょうか。水分を摂取しないと、体内に十分な水分が足りていないと身体が察知し、自発的に身体の中にある水分を少しでも体内に閉じ込めようとする作用が働くため、太りやすい体質になります。これが『水太り』と言われる原因です。水分をしっかりと摂取し、身体の巡りを良くし、むくみ知らずのスッキリボディーを目指しましょう。

女性の大敵!便秘知らずの身体に!

女性がかかりやすい病気の中でも、便秘は長年にわたり、大きな問題になっています。便秘に良いと言われる食べ物もありますが、便秘に悩む人の特徴に、水分摂取量が極端に少ないという傾向があります。体内の水分が不足すると、身体の中でつくられた便からも水分を吸収するため、便が固くなります。硬くなった便は腸から出にくくなり、排便の際、肛門を傷付けることもあります。便秘になると、身体が重くなり、疲れやすくなります。お腹も膨張するので、見た目も太ってしまいます。朝、起きたときや、食事前、お風呂に入る前にコップ一杯のお白湯を飲むだけでも、便秘は解消されます。ただし、便秘の原因が水分不足ではなく、他の病気が隠れている可能性も考えられるので、注意が必要です。

認知症やアルツハイマー予防・改善に!

近年、高齢者社会と言われるが、現段階で65才以上の高齢者の約6人に1人、2025年には、5人に1人が認知症になると推計されています。しかし、最近では一日に最低1.5ℓの量の水分を摂取することが、認知症の改善や予防になるとことがわかってきています。あまり知られていませんが、脳は水で満たされています。その水分が少し減少するだけでも、頭痛が起こり、さらに脱水が進むことで意識障害を引き起こします。慢性的な水分不足が脳内の神経に悪影響を及ぼすことや、血液循環が滞ることでも認知症を引き起こします。ただでさえ、高齢者は感覚が鈍く、喉の渇きさえも感じにくくなっています。もちろん、体重の少ない高齢者に対して、一日に3ℓもの水分は多すぎるのですが、一日に1.5ℓを目標に水分補給を行い、脳の脱水を避けるようにしたいものです。認知症患者に水を飲ませた結果、問題行動が減ったという報告も出ているので、高齢者の方も積極的に水分を摂取するようにしましょう。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか?
『水不足は万病の元』と言われています。多くの人が、病気にかかると病院に行くと思います。もちろん、病院で診断をしてもらい、薬を処方してもらうことで、症状を和らげることは大切です。しかし、薬には多かれ少なかれ副作用があります。薬が悪いとは思いませんが、水分をしっかりと摂取することで、起こりうる様々な病気が少しでも改善し、予防できるのならば、一日に3ℓの水分を摂取するということは、そんなに困難なことではないのではないでしょうか。また、水の種類や品質にこだわるに越したことはありませんが、そこまでこだわりを持たなければ、日本の水道水は飲料水としても使用できるので、コスパもそんなには掛かりません。お金を掛けず、水を飲むことで美容と健康が保たれるのなら、今すぐにでも水分を摂取することをおすすめします。
しっかりとお水を飲んで、健康でみずみずしいお肌を入れてみませんか♡