鍼灸院で足揉み治療!不妊を乗り越え待望の妊娠ができたお客様の声をご紹介します

鍼灸院で足揉み治療!不妊を乗り越え待望の妊娠ができたお客様の声をご紹介します

妊娠は全てのタイミングです。いつ赤ちゃんができてもいい身体を作るためにも、自分でも出来る『足揉み』は最適な方法なのではないでしょうか。足揉みは『WHO』も推奨する健康予防療法なのです。
今回は、不妊に悩み苦しんだ末、夢が叶った30代の女性の体験談をご紹介したいと思います。なお、この体験談は実際に当院に通っていた女性が妊娠した後、ご本人様が記してくださったものを参考にしています。

1.生理痛が酷かった10代、20代の身体の症状
2.病院だけに頼っていた生活から一変!足揉みと出会いました
3.身体に変化が現れ始めました
4.足揉みをして妊娠できるなんてびっくりしました
5.今回のまとめ

生理痛が酷かった10代、20代の身体の症状

私は小学生の頃から生理痛がひどく、毎月保健室通いをしていて、それは中学生・高校生・短大と続きました。そして、社会人になると生理痛は酷くなり、25歳の時には9cmに膨らんだ卵巣腫瘍が右側に見つかり手術をしました。その病名は『子宮内膜症』と判明しました。産婦人科の先生からは、『子供ができにくいかもしらないから、なるべく早く子供を産むように』と言われました。そして、30歳になった時、今度は右側にチョコレート嚢胞(卵巣に病巣を形成した子宮内膜症が進むと、卵巣内に嚢胞を形成します。この嚢胞内に主として月経の時に出血を繰り返すことにより、内腔に古い血液がたまったもの)というものが2つ、くっ付いている状態で見つかりました。そして、同時に『子宮筋腫』と『左側の卵管閉塞』も見つかりました。手術をするかしないかの決断しなくてはいけなくなりました。次々に見つかる病気に、不安と恐怖で押し潰されそうになりました。

病院だけに頼っていた生活から一変!足揉みと出会いました

産婦人科の先生には『2回目の手術なので、妊娠をしにくい身体になります。』と言われ、悩んで悩んで私が出した答えは、とりあえず生理を半年間止め、進行を抑えることでした。『どうしても子供が欲しかったから』です。『でも生理を止めるので子供は出来ない…』この矛盾に戸惑いながら、自分はどのような選択をすればいいのか迷って悩んでいました。
そんな時に出会ったのが『みぃんとこ』であり『足揉み』です。子宮、卵巣、卵管などの部位。そして、自然現象の生理まで薬で止めてしまっている悪い状態が全部足に出ていたのです。私の希望は『子供を授かること。』ただ、それだけでした。『大丈夫!!できるよ!!』の先生の言葉に私は直感で『コレだ!!』と思い、足揉みに掛けることしました。しかし、足揉みの痛みは、想像を超えるもので初めての時は痛さで泣いてしまった程です。しかし、痛みに必死に耐えると、終わった後は何とも言えないスッキリ感で身体が軽くなりました。

身体に変化が現れ始めました

病院の診断では自然妊娠は難しいと判断され、産婦人科の先生には『自然妊娠は難しい。体外受精へ進んだ方がいいと思います。』と言われたのですが、私の夫は『子供は自然で』という考えだったので、体外受精の道は閉ざされ、自然妊娠の道しかありませんでした。
そうなると、とにかくやれることは足揉みしかありません。自分で出来る日は家で足を揉み、先生には週に1度、行けるときは週に2〜3度通い、足を揉んでもらい、痛さで叫びながら頑張っていました。激痛の足揉みに出会ってから3ヶ月程経ったある検診日、詰まっていた左側の卵管がいつの間にか通っていたのです!チョコレート嚢胞はそのままでしたが、とにかく自分の信じた足揉みに想いを掛け、何日も何ヶ月も足を揉み続けました。

足揉みをして妊娠できるなんてびっくりしました

足揉みを続けていたある日、生理が遅れていることに気が付きました。正直、期待と不安がありました。そして、妊娠検査薬をすると、陽性反応が出たのです。ついに、妊娠することができたのです。何度も落ち込み、途方に暮れ、泣いていたあの時期。本当に辛く悲しい日々でした。足揉みは心も身体も軽くしてくれるので、気持ちもドンドン前向きになりました。痛さを除けばいい事だらけの足揉みです。
いろいろなタイミングもあり「足揉み」と出会ってから1年半程かかったかもしれませんが、「足揉み」を本気で頑張った時から約半年…私の夢は叶いました!足揉みに出会っていなければ、こんな奇跡は起きていなかったと思います。
妊娠が分かった時は、信じられない気持ちと嬉しさでいっぱいでした!遂についに、私の元にやってきてくれた小さな命が愛おしくて仕方なかったです!
産婦人科の先生には『こんな奇跡もあるんですね!!』とビックリされ、努力は報われる!と感じた瞬間でした。

今回のまとめ

苦しむ姿を近くで見ていたので、妊娠したことを聞いた時は、本当に嬉しかったです!
このように不妊に悩む女性は、4人に1人と言われています。「早く子供を作ってください」と言われても、一人で作れるものではありません。タイミングだってあります。そうこうしている間にも年は重ねていくのです。女の身体はデリケートなものであり、妊娠出来る年齢にはタイムリミットがあります。
赤ちゃんが欲しくなったときに、少しでも赤ちゃんができやすい身体でいられたらいいですね。妊娠を望む女性が苦しむことなく、妊娠できることを願っています♡